読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RE:ADV

UnityでADVを作るブログ

TyranoScriptのjQuery拡張部分のメソッドを書き出してみた

v342です。
javascriptよくわかってないマンがさらっと読んだだけなので、間違ってる可能性
ファイル名はlib.js

(function($){

});

プラグインは囲うんだって

$.setBaseURL

パスからURLを取得

$.isHTTP

最初の四文字を調べてHTTPかどうかを返す

$.play_audio

オーディオ再生中かどうか

$.getViewPort

表示画面の高さと幅を返す

$.escapeHTML=function(val,replace_str){}

valで指定したdivタグを作成する。もしそれが""(文字列なし、boolean:false)ならreplace_strにする。

$.br=function(txtVal){}

文中の\r\nをbrタグに入れ替え

$.getNowDate

現在の日をyyyy/mm/ddで返す

$.getNowTime

現在の時刻をh/m/sで返す(ちゃんと形式調べてない)

$.convertSecToString=function(val){}

valを_日_時間_分_秒形式で返す

$.setToMinute=function(val){}

val(秒)を_分_秒で返す

$.trim

文字列の両サイドの空白を消して返す(グローバルマッチ以下同)

$.rmspace=function(str){}

半角全角スペース、改行を文中から消す

$.replaceAll=function(text,searchString,replacement){}

text中のsearchStringをreplacementで差し替えて返す

$.setExt=function(name,ext_str){}

nameに拡張子がなければ.ext_str拡張子をつける

$.cloneObject=function(source){}

sourceをクローンする
(内部→return $.extend(true,{},source);)
再帰的な上書き=true,新規オブジェクト={}にsourceを上書きして返す=クローンする

$.convertOpacity=function(val){}

0-255の範囲でオパシティを返す(範囲外のnumberを丸める)

$.convertStorage=function(path){}

未実装?(コメント://パスにfgimage bgimage imageが含まれていた場合、それを適応する)

$.convertColor=function(val){}

0xが含まれていたら#に変換して返す

$.convertBold=function(flag){}

flagがtrueなら"bold"を、そうでないなら""を返す

$.send=function(url,obj,call_back){}
//game.current_story_file=story_file;

ajaxする。jsonオブジェクトを引数にしてコールバック実行

$.loadText=function(file_path,callback){}

読み解けない...

$.getCookie=function(key){}

クッキーを取得

$.isNull=function(str){}

nullを返す

$.dstop

コンソールに"dstop"と出力

$.userenv

ユーザー環境を取得(iPhone or iPad or Android or pc)

$.lang=function(key){}

tyrano_lang["word"][key]で設定されたプロパティを返す

$.novel=function(key){}

tyrano_lang["novel"][key]で設定されたプロパティを返す

$.getBrowser

ユーザのブラウザ情報を取得

$.swfName=function(str){}

Windowsの場合、ウィンドウを返す(?)

$.trans=function(method,j_obj,time,mode,callback){}

トランジション

$.minifyObject=function(obj){}

要素から空白のオブジェクトを削除して返却する

$.setStorage=function(key,val){}

localStorageにkeyと難読化したオブジェクトvalのセットを作成する

$.getStorage=function(key){}

keyのvalを取得する

$.countObj=function(obj){}

オブジェクトの個数を返す

$.setName=function(jobj,str){}

渡されたjqueryオブジェクトにクラスをセット

$.isFlashInstalled

フラッシュのインストール判定

クリックをタッチイベントに読み替える処理

$.error_message=function(str){}

エラー時にalert(str)を呼び出す

$.setCookie=function(key,val){}

クッキーをセット

innerHTMLをouterHTMLに読み替える処理

easing各種の設定


以上です。読み終わったので、次は標準のプラグイン(kag)を読んでみたいと思います。